おすすめVPSのABLENETの契約方法と注意点

VPS
スポンサーリンク

FX専用VPSエイブルネットはどのプランがいいのか

MT4を使ったFX自動売買で多くのユーザーが使っているFX専用VPS(仮想デスクトップ)。

それが『ABLENET(エイブルネット)』です。

エイブルネット のFX専用VPSを使えば、365日毎日24時間稼働できるWindowsデスクトップ環境が提供されます。

その環境でMT4に設定したEAを24時間動かすことができます。

契約したエイブルネットから提供されるWindowsデスクトップ環境には自分のパソコンやスマホなどからいつでもリモートアクセスして操作が可能です。

その環境を動かすサーバーも運営会社側がきちんとした設備の中でしっかり管理してくれます。

よって自宅のパソコンで運用する場合のリスク(発火・自然災害による停電)によって大事な資金を運用する自動売買が止まる心配もありません。

FX専用のVPSでは、お名前.comデスクトップクラウドや使えるネットも有名です。

私自身、エイブルネットもお名前ドットコムも使えるネットも契約し利用したことがあります。

しかし、この2つのFX専用VPSサービスよりABLENET (エイブルネット)の方が以下の点でかなり優れているのでおすすめしています。

ABLENET(エイブルネット)が優れている点とメリット

・回線が共用200MBなので、他2つのVPSサービスよりも回線速度が速い

・転送量無制限が無制限

・スペックが優秀

・月額料金・初期費用のコストパフォーマンスが高い

 (初期費用はキャンペーン期間であれば無料になったりする)

・10日間の無料お試し期間がある

・ABLENETの運営歴は20年を超えていて信頼性がある

このようにWindows環境で常時MT4を動かすために使うVPSサービスであれば、ABLENET(エイブルネット)がメリットが多くデメリットも少ないため一押しです。

やはり長期で利用するものですので、コストパフォーマンスが高いのがいいところです。

利用料金が業界最安水準で『格安』。

これが一番!

少し前までは申し込み画面が使いにくく古めかしい印象がありましたが、2019年に一新しイメージもよくなりました。

また、そんなイメージより大事なのが実際に使っての使い勝手です。

エイブルネットのVPSはFX専用のVPSなので、通常のVPSに比べて動作を軽くしています。

ですので、

MT4を使ったEAの自動売買では他の会社に比べてもスムーズで快適に使えています。

これは3社のVPSを同時に使っていたので断言できます。

ABLENET(エイブルネット)は本当にいいですよ!

お試し期間があるので、とりあえず、試用期間中だけABLENET VPSのWindowsデスクトップ環境でMT4自動売買を使ってみることも可能です。

ABLENETの申し込みに必要なもの

ABLENET VPSの仮想デスクトッププランに申し込むには「メールアドレス」と「クレジットカード」が必要です。

「メールアドレス」は申込後にWindowsデスクトップ環境に接続する情報が記載されたメールが届きますので、捨てアドではなく必ず受信可能なメールアドレスを用意してください。

クレジットカードが無い場合は、コンビニ払いでも支払いはできます。

しかし、コンビニ払いにすると「10日間の試用期間が無い」、「支払時に手数料がかかる」などのデメリットがありますので、やはり支払にはクレジットカードがおすすめです。

ABLENET VPSで自動売買を使う場合のおすすめプランをわかりやすく

基本プランには4つ Win1    Win2    Win3    Win4 があります。

EAを1つや2つ動かすだけならWin1で十分。

EAを5つ6つ動かしたいならWin2になります。

あるブログにてMT4を10個くらいならWin1で充分なんて記事を見かけましたが大嘘です。

Win2でも10個動かしたらいっぱいいっぱいです。

最初はWin1かWin2のどちらかを選んでください。

もちろん費用はWin1の方が格安です。

OSも選びますが、Win2ならWindows Server2019がありますので、それを選んでください。

セキュリティ面などで優秀です。

Win1なら申し込み時に表示されたOS(WindowsServer2012R2など)を選択です。

ディスクの種類について

お申し込み時に「SSD」と「HDD」のどちらかを選ぶ形です。

SSDの方がMT4の動作を含め、全ての処理の処理速度がHDDよりも早くなるメリットがあります。

Win1だとディスク容量がHDDより少ないのと初期費用が高くなるデメリットがあります。

ただし、MT4を動かすのが目的ですので「HDD」を選んでも、処理速度に問題はありません。

初期費用を見てどちらを使うのか判断してください。

また、後からWinからWin2への変更も可能です。

ちなみに私は、たくさんEAを動かすので、Win2のSSDを契約しています。

ABLENET(エイブルネット)申し込み手順について

ABLENET VPSの仮想デスクトッププランに申し込みを行う手順を解説してきます。

ABLENET公式ページへ

左手のVPS側『くわしく見る』をクリックします。

MT4などFXの自動売買システムの利用に最適な

「Windowsプラン」

の部分を表示させます。申し込むプランの『お申し込み』をクリックします。

以下のようなキャンペーン期間があったりしますので、その時期に応じてプランなどお得にご契約ください。

申し込み画面が表示されたら、自分が申し込みたいプランが選択済かどうかを確認します。

下記はWin2の例です。

プランが選択されていることを確認したら、利用規約などのチェックを行っていきます。

利用規約を読んで問題が無ければ、各項目の『同意する』にチェックを入れて、『規約に同意し進む』をクリックします。

契約期間・オプション画面が表示されたら、『サーバー契約期間』を選択し、『見積画面へ進む』をクリックします。

お見積り画面が表示されたら、選択したプランに間違いないことを確認して、各項目を入力します。

申込者情報の入力へ進む をクリックし、申込者情報の入力画面へ進みます。

各項目を入力してください。

そして最後に「注文を確定する」のボタンを押すと注文が確定となります。

申込み完了のメールでログインの情報を確認します。

申し込みが完了してABLENET(エイブルネット)側でVPSの設置が完了した後に、 メールが送付されてきます。

このメールが送られてきた後は、VPSにアクセスができるようになります。

VPSにアクセスしEAの自動売買を実際に行う手順は次の記事をご覧ください。

ABLENET(エイブルネット)にMT4をダウンロードしEAで自動売買を行う手順